板橋区の出張写真撮影

板橋区の出張写真撮影プロカメラマンフォトサービス予約依頼

こちらのページでは、板橋区での記念写真をプロカメラマンに依頼される方に評価される人気の出張撮影サービスの中から、料金体系や撮影費用、クオリティやカメラマンの対応、利用者の口コミ評判を基にした総合ランキング1位から3位までを紹介しています。いずれも各リンク先の公式サイトにて詳細の確認・お問い合わせができますので参考になさってください。

ベイビースマイル

出張 撮影 板橋区

≪メリット≫
撮影費最安値帯(税込表示・土日UPなし)
納品枚数が多い(平均100枚前後)
納品方法が選べる(メール or DVD-R)
≪デメリット≫
×料金支払い方法が振込のみ
×地域によって予約が取りづらい
×カメラマン指定不可※リピート時は可
出張 撮影 板橋区

 

fotowa(フォトワ)

出張 写真 板橋区

≪メリット≫
撮影カメラマンの指定が可能
スケジュール表で予定が組みやすい
ギフト券の販売がある※有効期限あり
≪デメリット≫
×土日祝日の撮影料金が割高
×電話対応不可(メール連絡のみ)
×人気カメラマンは予約が取りづらい
出張 写真 板橋区

 

出張撮影サービス

出張 カメラマン 板橋区

≪メリット≫
東証一部上場企業のグループ会社
四千名のカメラマンネットワーク
事業者向けの撮影実績が豊富
≪デメリット≫
×撮影料金が他サービスに比べ高い
×納品枚数が少ない(30-50枚)
×撮影カメラマンの指定は不可
出張 カメラマン 板橋区

 

上記サービスでは、いずれも新生児写真(ニューボーンフォト)、お食い初め(百日祝い)、初節句、お宮参り、ハーフバースデー、ファーストバースデー、お誕生日会、七五三(753)を始め、幼稚園・保育園の入園式・卒園式、運動会、小学校の入学式、ピアノの発表会、ハーフ成人式(1/2成人式)、ハロウィン、クリスマス、ホームパーティー、年賀状、成人式、カップル写真・エンゲージメントフォト、結婚写真・フォトウェディング、マタニティフォト、ポートレート、新居・新築・引越し祝い、還暦祝い・長寿祝い(喜寿・米寿)、生前撮影(遺影写真)、ペットといった家族写真を中心とした撮影が可能です。また、屋外でのロケーションフォト以外にも、ご自宅や飲食店、スタジオなど屋内での撮影にも対応しております。

 

≪地域情報≫

出張 写真 板橋区

●地理
武蔵野台地の北端にあたり、概ね北部は低地、南部は台地となっている。北で荒川、北西で白子川によって埼玉県と接する。荒川に近い北部では、新河岸川が西から東に流れる。南部では石神井川が西から東に横切る。区内は東京の市街地で、住宅地・商業地のほか、北部には工場が多い。

 

●歴史
板橋区設立当時は、現在の練馬区も含む広大な地域であり、田畑地が多く、「東京の満州」とも呼ばれていた。
平安時代、石神井川にかけられていた板橋が当時としては珍しかったため、そのまま地名になったという説が有力である。江戸時代以降は中山道が下板橋を通るようになったためにそちらを指すようになった。板橋宿は江戸四宿のうちのひとつであり、中山道の江戸を発ってから最初の宿場町で、加賀藩下屋敷もあった。

 

●沿革
・1932年(昭和7年)10月1日:東京府北豊島郡板橋町、上板橋村、志村、赤塚村、練馬町、上練馬村、中新井村、石神井村、大泉村の9町村が東京市編入により合併され、板橋区となる。
・1935年(昭和10年):田園区画の整理に伴い、板橋三丁目(旧・板橋町大字中丸字中原、現・南町)と豊島区長崎東町三丁目(旧・長崎町大字長崎字高松、現・高松二・三丁目)の間で境界変更。
・1939年(昭和14年):田園区画の整理が完了し、板橋三丁目(旧・板橋町大字中丸字中原、現・南町)と豊島区高松町二丁目(旧・長崎町大字長崎字前高松、現・高松二丁目)の間で境界変更。
・1943年(昭和18年)7月1日:東京都制施行により東京府と東京市が合併し東京都が誕生、東京都板橋区となる。・・1947年(昭和22年)5月3日:地方自治法施行、板橋区は22特別区のひとつとなる。
・1947年(昭和22年)8月1日:旧・練馬町、上練馬村、中新井村、石神井村、大泉村のほぼ全域及び小竹町(旧・上板橋村大字上板橋字小竹)、江古田町(旧・上板橋村大字上板橋字江古田、現・旭丘)を練馬区として分区。
・1950年(昭和25年)4月1日:埼玉県北足立郡戸田町(現・戸田市)大字上戸田の一部約0.2平方キロメートルが移譲され、舟渡三丁目(現・四丁目の一部)となる。
・1951年(昭和26年)8月:第一回いたばし花火大会が開催される。
・2008年(平成20年)10月30日:観光キャラクター(ゆるキャラ)として、区花の二輪草をモチーフににした「りんりんちゃん」を採用。